WHAT'S HARU ?

東北大学地域復興プロジェクト"HARU"は、
東北地域の復興支援・地域再生を目的として
東日本大震災発生直後に結成されたボランティア団体です。
長期的な復興を見据え、活動をおこなっています。
また、本団体は東北大学より公認をいただいています。


現在の組織体制

これまでのプロジェクト主体の体制を見直し、
2017年より、石巻部門山元部門の2部門がHARUの主体になりました。

活動場所は変わらずに宮城県石巻市と山元町で、
活動の企画はそれぞれの部門が、
現地での実際の活動は部門の垣根を超えて実施しています。

現在の詳細な活動内容はこちらをご覧ください。



名称の由来
厳しい冬の寒さに耐えながら、春を待つ。
私たち東北は、やがて来る暖かな春の喜びを知っている。
今どんなに辛い事、悲しい事があっても、
季節は必ず巡り、”春”がやってくるように、
夢も希望も幸せも必ず東北の地にやってくる。
天気が晴〔は〕れ、木の芽が張〔は〕り、
田畑を墾〔は〕って、万物が発〔は〕る。
みんなさまざま、きもちは一つ。
全てここから、HARUを東北に。



団体概略


名称
東北大学地域復興プロジェクト"HARU"(はる)
英語表記
"HARU" -Reconstruction Team of TOHOKU University-
創設日
2011年3月24日
公認東北大学公認
所在地〒980-8576
宮城県仙台市青葉区川内41
東北大学 教育・学生支援部学生支援課内東北大学東日本大震災学生ボランティア支援室
メンバー東北大学の学生
11名(2017年1月1日現在)
お問い合わせ
こちらからお願いいたします



活動方針

  • 下記「東北大生の強み」を活かした復興支援
  • 時空間変化率の高いニーズに対応し、できることを模索し続ける
  • 原則、学業に専念できる範囲内で活動する

東北大生の強みとは…

  • 質的優位性
    • 自発的に考えて行動、信頼度も高い
    • 様々な専門知識の集結
    • 東北地域と精神的に繋がりやすい
  • 量的・時間的優位性
    • 若者の瞬発力とエネルギー
    • 学生は比較的時間の融通が利く
    • 東北地域と物理的に繋がりやすい
    • 潜在的な縦横の連携(研究室やサークル)

復興ロードマップ…


東北大学学生復興支援ボランティアでは以下のような復興の道筋を考えています。

Phase I:学内の知・人材と地域間のリエゾン(橋渡し)  (0~3年)
  • 学生・職員ボランティア派遣窓口
  • 専門家相談・派遣窓口
  • 諸データの観測・分析(放射線,土壌汚染等)
  • 情報・知識の収集整理と発信
  • 問題・課題の発見と対処
  • 避難所の開設,施設・物資の提供
  • 災害諸情報の収集と記録,保存
※対象となる専門領域例
放射線関連,医療,感染症,廃棄物,河川,港湾,地盤・土質,
気象,地震,エネルギー,汚染,情報,建築,農業,水産業,
福祉,心療,教育,心理,法律
※ハブ組織の設置,ML,HPの活用

Phase II:被災地復興への貢献   (0~10年)
  • 問題・課題の収集と分析
  • 専門家,学生の派遣
  • 計測,観測,データ収集・分析
  • 情報の収集分析と発信
※課題例
農地の復旧,水産業の復興,集落の復興,放射能汚染の分析,
対放射能汚染社会システムの構築,廃棄物処理,下水道の復旧,
情報インフラの復興,地域エネルギーシステムの再構築,
地域医療の再興,被災者の教育,人々の心の問題,地域経済,
建造物診断,など

Phase III:東北復興のためのグランドデザインと行動   (0~40年)
  • 問題・課題の集約と総合的な分析
    • 災害,過疎高齢化村落,都市への人口の集中,農業問題,
    • 食糧・エネルギーセキュリティ,地域コミュニティ,
    • 東北の歴史・伝統・文化・風土,地域経済・産業,
    • 安全・安心,地域医療,救急医療,地方教育,環境問題
  • 国土としての東北の役割の認識と分析
  • 復興のグランドデザイン
  • 復興への具体的貢献

Phase IV:持続可能な文明の再構築   (0~40年)
  • 国土計画
  • エネルギー政策再構築,再生可能エネルギー利活用
  • 地域社会,生活・いとなみ・こころ
  • 現代文明の再構築